20170219J-thumbnail2.jpg

憧れのひと

どーも。ウェブマスターです。

音楽やってますとね、やはり誰でも憧れの人というのはあるもので、わたくしの場合は、まずデューク・エリントン。

でも彼はもうこの世にいませんので、ご存命のミュージシャンでいいますとね、ウィントン・マルサリスと、なんといってもこのブライアン・セッツァーですね!
このビートを聴いたら、もう乗らないわけには参りません。


Brian Setzer - The Dirty Boogie - Live!

ノリノリ!
いつか競演出来たら、、、ショック死するだろうな。(笑)

さて、日本人で競演したいアーティストはね、コーラスグループですねー。デューク・エイセス、ダーク・ダックス、ボニー・ジャックス、そしてタイム・ファイブ!
いいなー。
「A列車で行こう」なんかハモリで唄われた日にゃ、失神ものです。


デューク・エイセス 裏町のお転婆娘(The Naughty Lady of Shady Lane)

デューク・エイセスさんなんて、間違いなくデューク・エリントンからきてると思うんですけどねぇ。歌謡曲関連だけでなく、ジャズももっと歌って欲しいなー。(歌ってらっしゃるとは思いますが)って思っております。

例えばうちのコンサートにお招きしたとすると、おいくら万円ほどかかるんでしょうね?
ブライアンみたいなかっこいいギタリストとの競演と、コーラスグループのバックをやるのは、本当に憧れです。
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

【連載コラム】ジャズ・トランペット上達への道?〜満足できる演奏のために〜その3:まず何をするか?(2回目)

【連載コラム】ジャズ・トランペット上達への道?〜満足できる演奏のために〜その3

まず何をするか?(2回目)

前回は、トランペットに限らず楽器でジャズのアドリブ演奏をする為に必要なセンテンスを並べてみました。

それぞれの目標レベルと現状のレベルを比較して、目標に近づける為には何をするかという「課題」を見つけてそれを達成する為の対策を実施していくことが大切です。

例えば、「4.アドリブができること」というセンテンスについて、一例を紹介しましょう。

私が大学入学当時に目指したものは、「口笛で吹けるくらいトランペットでもフレーズを吹けること」でした。

当時、それなりにジャズをたくさん聴いてアドリブらしきものができると思っていた私は、浮かんだフレーズを口笛なら出すことができました(今から思えばかなりアバウトなフレーズでしたが)。

大学1年で、一番最初のコンボ練習の時に、Fのブルースを吹こうとすると、どうしても思い浮かんだフレーズがすぐに出て来ずに曲が過ぎていったという記憶が残っています。瞬時に楽器に伝えられなかったのですね。

実際に浮かんだフレーズを自由にトランペットで吹けるようになる為の練習方法についてはまた別の機会にご紹介しますが、結果として数年後には、口笛で吹くよりもっと確実にトランペットで、思いついたフレーズを吹けるようになりました。


次に、「2.楽器をコントロールできること」というセンテンスの場合は、こんな感じです。

基本的な楽器のコントロールとは、音程・音量・音質を正確に出すことだと思います。

また、トランペットなどの金管楽器に共通している課題は、音域の拡大です。なぜなら音域の幅はかなり個人差が出るからです。特にトランペッターは、より高い音、つまりハイノートが出せることに憧れる傾向が強いと思います。

そこで、音域の拡大に対して、具体的な目標を立ててみるわけです。
ダブルハイB♭(これ以降、トランペットのドをB♭、レをCという風に実音で表現するようにします)がコンスタントに出せるようになるとか、フルバンの譜面でハイFが指定されている場合に、それを確実に出せるようになるとか、アドリブでハイDまでフレーズを組み立てられるとか、といった目標です。

フィンガーリングなら、200くらいのテンポを16分音符でクロマチックやスケールが2オクターブ吹けることなんていうのも目標にできます。

また、特に金管楽器の宿命である「バテの問題」をどう克服するかという課題もあります。持久力をつけることと、脱力して負荷を掛けないことの両方の目標が必要になるでしょう。

それ以外には音のキレ、音のスピードという定量的に表現できない要素も大変重要です。


このようにそれぞれのセンテンスに対する具体的な目標を立てて、それをクリアし、更に高い目標を立てる、という繰り返しです。
但し、その場合に究極の姿を最終ゴールとしてイメージしておくことがもっとも重要だと思います。


次回はその「イメージ」について話をしてみたいと思います。

コマサ(当バンドコンサートマスター)
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

なんとっ! 生トムハレルを目の前で堪能!!

1月21日(月)に赤坂のビーフラットで「知る人のみ知るライブ」が開催され、それに行ってきました。

メンバは、私の古い友人でトランペッターの辰巳君がリーダで、次のような編成でした。

辰巳哲也(tp)
守屋純子(p)
増原巌(b)
勘座光(ds)  

そして、スペシャルゲストがなんとっ!

Tom Harrell(tp)

tom%20harrell.jpg

     ↑
ちなみに、この写真は当日のライブのものではありません。

現役で活動しているトランペッターとして、そのプレイはナンバーワンだと私は思っている、まさにその人です。
今回は、プライベートな用件で短い期間だけ来日していたのですが、トムとは旧知の仲だった辰巳君が特別に企画したライブに参加したのでした。

実はトム、統合失調症という障害を持ちながらも、トッププロ・ミュージシャンとして素晴らしい活動実績を築き上げてきました。
ということで、トムが来日することすら、かなりの障壁があり、ましてやライブをすることについて、その実現は不可能ではないかと思われていました。
それだけに、今回のライブが実現したことは、まさに奇跡としか言いようがありません。

限定的なインフォメーションであるにも関わらず、この日は店の座席を丸イスに変更して20%くらい増員した席が全て満席となり、当日無理に予約なしで来たお客は立ち見になるという大入り満員状態でした。
来ているお客は、ラッパ吹きを中心に、知り合いのあの人、この人、東京でバリバリ活躍するプロ連中の顔もチラホラ、という顔ぶれです。

で、演奏はどうだったかと言うと・・・

素晴らしかった!!
の一言です。

曲は、Milestones や Night in Tunisia などのスタンダードを中心にしながらも、Moon Alley や Sail Awayといったトムのオリジナル曲もあり、ピアノの守屋純子オリジナル曲まで取り上げられました。
若い頃の高音域を混ぜたエキサイティングなプレイとは趣が異なり、中音域のフレーズ主体に穏やかなソロを展開しましたが、溢れんばかりの歌心とエモーショナルなプレイは凄まじいに一言に尽きました。
また、コードに対する独特なフレーズ・アプローチに、聴いている私はのけぞりっぱなしでした。

共演したミュージシャン達もまた素晴らしいプレイを展開してくれました。
辰巳君曰く、「今回のトムとのリハ〜本番を通じて、一皮も二皮もむけましたよ」との言葉通り、彼もトムのプレイと十分渡り合える素晴らしいプレイを繰り広げてくれました。

とにもかくにも、大満足のライブでした。

コマサ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

セクシーダイナマイト ウェディングその3〜主役は誰だ〜

ganbarekorota.jpg

これは、コロタ&せおっちの結婚披露宴での演奏写真です。
「いつか王子様が」で始まって、数曲やったのち、バリトンサックスの新郎コロタを交えての1曲だったんですが・・・

これ、どう見てもフリューゲル吹いてるオジサンが主役の立ち位置を奪っちゃってますよねぇ。
しかも・・・SDJOのコンマスじゃないすか!

コロタがんばれっ!!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

ジャズのビッグバンド、トロンボーン&ベース&パーカッションのメンバー募集いや急募!

071201.gif


ちょいと緊急にメンバーを募集しなければいけなくなりました。
緊迫感を出すために、エヴァっぽいタイトル文字にしてみました。


ちょ、ちょっと違うか。(笑)
詳しい方、全然違ってたらごめんなさい。


そしてベースです。
現在のベーシストは、他の楽団との掛け持ちでやってくれているので、大変なんです。ぜひ、ジャズベース経験者の方、ご参加くださいませ〜。


あと、パーカッションね。
あるといいなと思いつつ、なかなか募集に踏み切れなかったんですが、楽しく演奏に彩りを与えてくれるパーカッショニストを今回募集します。
斉藤ノブさんっぽい雰囲気の人、大歓迎!(笑)



ぜひ、カモン!!!



ご連絡は、右下のフォームから送信願います。
ウェブマスターにメールが届き、マネージャーからご連絡差し上げます。よろしくです!


募集は終了しました。
またの機会をお見逃し無く。
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

セクシーダイナマイト ウェディングその2〜写真館〜

昨日、お見せできなかった写真をいくつか公開しま〜す。

opp.jpg
オーシャンビューのチャペル。真っ白なチャペルに澄みきった青い空、そして海。ほんっとお天気が良くて最高でしたね。


kimono.jpg
コロタ&せおっち&SDJOメンバー。この日は演奏しなくっていいのでみんな晴れ着姿。

hutari.jpg
こちらは、愛の鐘が鳴り響く中、永遠の愛を誓ったコロタ&せおっちに盛大なフラワーシャワー。
こんな時って幸せなんだろ〜な〜。

出席させていただいたわたしたちも、とても楽しんできました。
いい結婚式でしたね。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

セクシーダイナマイト ウェディング

cake.jpg

バンドメンバーの結婚式に行ってきました。
新郎新婦共にSDJOのメンバーです。
場所は、新浦安のアートグレイス・ウェディングコースト
真っ白な邸宅風の建物で、チャペルはオーシャンビュー!素敵な会場でした。

写真もたくさんお見せしたいんですが・・・
実は、写真を撮っていたバンマスのカメラが途中で誰か知らない人のカメラと入れ違ってしまってカメラがまだ戻ってこない・・・という嘘みたいなトラブルがあったせいで、まだあまり載せられないんですよ〜。幸い入れ違った相手は見つかりましたが。

そんな中で、今いちばんいい写真!
pink.jpg
新郎は、SDJOのバリトンサックス。新婦はトランペット。
楽しそうでラブラブですな〜。

SDJOはいつの間にか、夫婦者を何組も抱えるバンドになってしまいました。
新しく夫婦になったお二人さん、バンドのためにも末永くラブラブで
いてくださいねっ!!

sanretu.jpg
こちらは、出席したSDJOメンバー。
今回は着物に挑戦。いかがかな?

つづきは、また写真が手に入ったら載せますね。
おたのしみに〜。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

めずらしいもの見つけました〜天蚕〜!

20080101天然繭.jpg

これ、たぶんヤママユです。神戸の少し高いところで見つけました。
みなさん、みたことありますか?珍しいし、美しいですよねぇ。
天然の繭、なんですが・・・

ヤママユは、ヤママユガという野生のガの繭なんですけど、普通の白い繭のやつとは違います。
普通の白いやつは、家蚕と言って絹を取る養蚕のために作られたお蚕さん。
家蚕は、幼虫の体が白くて天敵に見つかりやすいし、足が退化していて木に登ったり、木の枝のフリをしたりっていうのが出来ないので、人の手を借りなければ生きられないそうです。

ヤママユ(天蚕といいます)は、調べてみたら、幼虫も緑色でした。
ヤママユを人の手で育てるのは、とっても難しいんだそうですよ。
私は、このヤママユを見たのは2回目です。
前は、小さいころに長野の山で、おばあちゃんから「これが自然のお蚕さんだよ」って見せてもらった記憶があります。

ちょっと、珍しかったので載せてみました。
繭だけなので、虫嫌いの人でも見られますよね・・・??

カバさん


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

【連載コラム】ジャズ・トランペット上達への道? 〜満足できる演奏のために〜 その2:まず何をするか?(1回目)

【連載コラム】ジャズ・トランペット上達への道?〜満足できる演奏のために〜

その2:まず何をするか?(1回目)


さて、話をすることがいろいろあって、何からスタートすれば良いのかと考えましたが、まず全体のバランスを考えてみましょう。

「楽器演奏者は凄いバランス感覚の持ち主だ!」と最近つくづく思うようになりました。

音楽は、音程とリズムを同時にバランスさせて、しかも音量や音質を変えることで表現していく世界です。

「声」ならある程度はできる(もちろん楽器以上に難しい場合もありますが)ことでも、楽器という道具を使って表現するわけです。

その上、ジャズのアドリブは、ある法則に基づきながらも、瞬間的に思い浮かんだ音を自由に表現する、という「離れ業」をやっています。

更に、音で自分の感情を表現でき、聴く人に伝えた上で同調させること(悲しがらせたり、ウットリさせたり、ウキウキさせたり)も可能です。

もうここまでくれば、全く楽器経験もジャズの経験もない人にとっては「超能力」か「神業」に思えるかも知れません。

皆さんはこれらを満足できるレベルで実現させたいと思っているはずです。

上記の並びをセンテンスにしてみましょう。

1.音楽の構成を知ること(音程、リズム、音量、音質、和音といった要素)
2.楽器をコントロールできること(トランペットのテクニック)
3.ジャズを知っていること(曲、構成、プレイヤー、歴史といった知識)
4.アドリブができること(音楽やジャズの理論、フレーズ)
5.他の人に感情を伝えること(感受性、コミュニケーション能力)

さて、それぞれのセンテンスについて、目指すレベルと現状のレベルを比較してみて下さい。

080114.gif

では続きは次回。

コマサ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

1月12日 クリフォードブラウン降臨!?

コンマス&リードラッパのコマサです。

今週末にライブがあるのでインフォします。

今回の場所は、東京を離れて神奈川県西部です。
もしお近くの方が居られましたら、是非お越し下さい。

今回も好評だった前回に引き続き、「バードランドの夜の再現!」です。
今から53年前のニューヨーク、バードランドで繰り広げられた熱いセッションを再現したいと思います。
若干23歳だったクリフォードブラウンが吹きまくっている曲にチャレンジします。

乞うご期待。

LIVE at Three Chord
2008年1月12日(土)

藤井輝記(tp) & Hard Boppers
松本賢一(ts)
浅田裕子(p)
浅田聡(b)
坂井耐事(ds)

チャージ 800円
Start 8:00pm〜, 9:15pm〜

Hard_Boppers.jpg


スリーコード
所在地:神奈川県南足柄市和田河原609-1 リプル2F
最寄り駅:大雄山線(伊豆箱根鉄道)和田河原駅 徒歩1分
Tel/Fax:0465-73-2826
http://www.3-chord.join-us.jp/index.htm
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

BIG PHAT BAND がやってくる!!

大ニュースじゃー!

アメリカで今一番活きのいいビッグバンド、BIG PHAT BANDがやってきます!
1/31〜2/5 Blue Note東京へいざー

以前わがセクシーダイナマイトと競演してくれた、あのAndy(トロンボーン)Wayne(トランペット)そしてEric(アルトサックス)!!! 
また彼らに会えるのだ。(たぶん)

共演はしたものの、ほとんど後姿しか見てない...もうやだ〜(悲しい顔)
って事で、今度は正面で見なきゃ。
じゃなくて聴かないとるんるん

このチャンスを見逃すな〜

               バンマス:のん



にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

年越しジャムセッション

大晦日に実家がある関西に帰り、毎年恒例の年越しジャムセッションに参加してきました。

場所は兵庫県西宮市、阪急電鉄の西宮北口駅から徒歩3分くらいにある、コーナーポケットというジャズ喫茶です。

Corner Pocket.gif

この店は、名前で分かるように、カウントベイシー・フリークのマスターがやっていて、私も大学時代から通っていて、たくさんのレコードを聴き、素晴らしいライブを観て、セッションにもいっぱい参加してきました。

東京に出てからも、毎年大晦日の年越しジャムセッションに参加してきましたが、昨年の夏に、そのマスターが急に亡くなってしまい、先日もその追悼コンサートがあったばかりで、現在は奥さん(通称:カーチャン)がしっかりと後を守って、今回も無事に年越しジャムセッションが開催されました。

今回も延べで50名くらいの人が集まったと思いますが、この店に集まるミュージシャンは本当にハイレベルです。開業当時から来ている50歳を過ぎたベテランも居れば、大学生も多く、中には高校生で信じられないくらい上手い坊やも出没します。プロ連中も気軽に立ち寄って演奏したり、世代やレベルを越えて楽しめるセッションでした。

そして2007年の年越しも恒例のチェロキーで迎えましたが、これがまた超アップテンポで、今年も忙しく充実することを予感させるような激しい演奏となりました。その模様は以下の写真でどうぞ。

20071231Corner Pocket Jam.jpg

コマサ


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

明けましておめでとうございます

みなさま、楽しいお正月をお過ごしでしょうかぴかぴか(新しい)1榛名山.jpg


私は今日まで群馬の実家で食っちゃ寝したり
温泉いい気分(温泉)に行ったりしておりましたが
お屠蘇気分のぬけないうちに、
故郷のおいしいお酒を紹介しとこうと思います。


『寒仕込本醸造 榛名山』


榛名山は私の生まれ育った町にある山ですが
醸造元は隣町の倉渕町にある老舗『牧野酒造』さんです

ちょっと辛口で熱燗がとてもいい感じですハートたち(複数ハート)


新年初書き込みなのに酒ネタでスミマセンあせあせ(飛び散る汗)

2008年もセクシーな演奏を目指して練習に精進したいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。


↓↓↓おまけ↓↓↓
コロちゃん1.jpg





愛犬 コロちゃん

また帰るから、私の事忘れないでね〜 

みずほ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

謹賀新年

東京タワー.jpg黒ハート 明けましておめでとうございます。
いよいよ2008年が始まりました!

今年はよりパワフルに色々挑戦したいと思ってます。
皆様よろしくお願いしますー。

まずは体力作りから...!?

電車 ところで皆はどんな新年を迎えたでしょう?
我が家のカウントダウンは車の中の時報でした。
東京タワーを目指すためには仕方なく。

新年を東京タワーの「撮影」で始めるのは何年振りだろー
...しかし六本木の交差点はもーんのすごい人・人・人
半端じゃなかった。
しかも外人ばっか。ココは...日本だっけ?

やっとの思いで帰宅。寝たのはam3:00
元旦早々寝不足かっ! 今年が不安だ。

何はともあれ、今年も頑張りましょう!!

              のん
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
ジャズ関係の人気ブログが集結!