20170513DO.jpg

サックスの人必聴!メロウサキソフォンアンサンブル

サックスアンサンブルCD.jpg
堀恵ニ&メロウサキソフォンアンサンブル
待望のファーストアルバム
『Star Dust』
絶賛発売中


わが師匠の川村裕司氏が参加している「堀恵ニ&メロウサキソフォンアンサンブル」のファーストアルバムが8月8日に発売されました。
・・・8月8日って2週間以上も前だけど。
師匠は、あまりバシバシインフォメーションされる方ではないので、わたしもこのCDが発売されたって話は知らなくて、別の掲示板で知り、急いで購入したんです。
CD発売記念ライブも終っちゃったみたいなんですけどね。

リズム隊とサックスアンサンブルのCDです。
サックスだけの曲もあります。
何度かライブに行ったこともありますが、サックスの人には是非聴いていただきたいですね。
もちろんサックスの人でなくても、すごく楽しめますよ。
やっぱアンサンブルっていいな、こうでなくっちゃ、と思います。
SDJOもサックスアンサンブルには挑戦しているので、是非とも心に響くアンサンブルを目指したいですね。

カバさん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
堀恵ニ&メロウサキソフォンアンサンブル
http://homepage2.nifty.com/bonetomo/MSE/
[メンバー]
堀恵ニ(as,ss,cl,fl)
今尾敏道(as,afl)
川村裕司(ts,fl)
白石幸司(ts,cl)
吉田治(bs,bcl)
板垣光弘(p)
ジャンボ小野(b)
八木秀樹(d)
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

Tokyo Hot Night〜フィールドハラーがやってきた!!

ボナペティ・サックスs.jpg

この前の記事は、まさしくライブが終った晩に、くたびれ果てながら書いたので・・・今日は、そのつづき。

この日のライブは、SDJOとしては珍しく夕方〜のライブだったので、朝からあわただしいということもなく、サックスパートは最終確認のパート練習があったりもしたんですが、
フィールドハラーの皆さんは、それぞれパワフルに東京観光・・というか、ご家族連れの方もいらっしゃるので、子供達と遊んできたりしたみたいです。

会場のボナペティは、通常はお客さんが100人規模でなだれ込むようなお店ではなく、こじんまりとした落ち着いたお店です。
そんな中、この日のライブにはとても多くの方が足を運んでくださり、お客さんが受付を済ませ飲み物を手にするまでに、とても時間がかかってしまいました。

あとで聞いた情報と、現場の状況から判断するに、100人くらいはお客さんがいらっしゃったようです。
席も足りなかったようで、お客様にはご迷惑をおかけしてしまいました。

先に演奏させていただいたSDJOの演奏はともかくとして、フィールドハラーさんの演奏は、やっぱり「これぞジャズ!」でした。
メンバーもお客さんも素直に楽しそうで、自然にバンドと会場が一体となっていくのです。
その状況は、不思議と写真を見てもわかりますね。音、無いのにね。
ボナペティ・FHJOs.jpg
最後には、フィールハラー縁の人物が自由参加して、大いに盛り上がりました。

ライブの興奮冷めやまぬまま、その場で打ち上げ。
ボナペティ・打ち上げs.jpg
みなさん、いい顔してますねぇ。
たのしい一夜でした。
終電を気にしてしまう時間だったのが、少し残念でしたが・・・。

フィールドハラーさんのおかげで大変楽しい企画となりました。
また是非、ご一緒したいものです。
こんどは 久々にSCATかな!?

カバさん
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

フィールドハラーとのライブ、終了しました。

北陸からフィールドハラージャズオーケストラを迎えてのライブが無事終了しました。
おかげさまで、大盛況。
足を運んでくださいました皆様、ほんとうにありがとうございました。
そして遠方より参加しておおいに盛り上げてくださったフィールドハラーの皆様、心より感謝いたします。

SDJOの演奏はともかく、フィールドハラーの演奏は素晴らしかった。これぞジャズ。
我々も頑張らねば!
また是非、機会があれば一緒に楽しみたいと思います。

また、写真などあったら載せますが、まずは報告とお礼をさせていただきました。
もう今日は、眠いので、風呂入って寝ます。

ボナペティのマスター、お世話になりました。ありがとうございました。

カバさん
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

真夏の夜のライヴ!アマチュアNO.1のフィールド・ハラー・ジャズ・オーケストラと共演です。さぁ、大変だ!!!

さてさて、セクシーダイナマイトジャズオーケストラ、2008年夏のライブが決定いたしました。
何と、アマチュアナンバー1ビッグバンド、フィールド・ハラー・ジャズ・オーケストラを富山からお迎えしてのジョイントライヴです!!!


ビッグバンド2組という、まさにコッテコテのバンド合戦ですが、王者を前に、うちのセクシーダイナマイトたちがどんだけ弾けられるか!?自分で言うのも何ですけど、見ものであります。

●フィールド・ハラー・ジャズ・オーケストラ
富山県砺波市を拠点に、富山県・石川県のメンバー(還暦から新婚まで)で構成される社会人バンド。
70年代中頃より本格的にジャズに取り組み始め、1992,94年に全日本社会人ビッグバンドコンテストで優勝、93,95年にアメリカのモンタレー・ジャズフェスティバル出演。
さらに99年にはスイスのモントルー・ジャズフェスティバルにも出演するアマチュアナンバー1バンドである。
また、北陸のビッグバンドが集まるイベント「ビッグバンド・トラスト」の運営を25年間行うなど、バンドの交流、ジャズ文化の発展に力を注ぎ北陸のジャズ界を牽引し続けている。
毎年、ゴールデンウイークと秋に海外のプレイヤーをゲストに招き、コンサートを開催。

20080809.jpg

「 Field Holler & Sexy Dynamite JOINT LIVE 」

日時:2008年8月9日(土)19:00開場 19:30開演
場所:東京・中延「ライブバー・ボナペティ
チャージ:2300円
 ⇒お得な2ドリンク・1フード
(予約なし。当日お支払いください。)

1st set:セクシー・ダイナマイト・ジャズ・オーケストラ
2nd set:フィールド・ハラー・ジャズ・オーケストラ

生ビールをガンガン飲みながら、夏のビッグバンドビート!いかがです?
ちょっと交通の便は悪いんですけど、ぜひ、お運びくださいませ。


なお、当ブログとともに、フィールドハラーのバンマス、席亭こと岡本さんのブログを見てからいらっしゃると、また味わいが増すかもしれません??
sekitei2.jpg

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

森智彦vs仕方ひろむ異色ライブ

森チャン&仕方さん.jpg

コマサです。

私の知り合いで、異色の音楽活動をしている人がいます。
コテコテの大阪弁丸出しドラマー、森智彦氏です。
彼は、学生時代からの私の知り合いで、大阪大学のフルバンに在籍していたのですが、「阪大のソニーペイン(注)」と噂されるくらい、フルバンドラマーとして凄い存在でした。

そんな彼ですが、今はドラマーとしての顔とは別にシンガーソングライターとしての顔も持っています。
大阪弁丸出しドラムとは全く趣の異なるボーカルで、今メジャー売り出し中なのです。

久々に東京へ出て来てライブをするとの情報を入手したので、昨日横浜・関内のFAROUTというジャズのライブハウスに観に行きました。
共演者は、これまた昔、私のコンボでドラムを叩いていた「仕方ひろむ」氏。何故か彼も10年ほど前に一流企業をリタイヤしてドラムとピアノ&オルガンでプロ活動をしている変わり種です。
森氏と仕方氏は同じ大学の先輩後輩でもあり、2人とも学生時代はドラム同士だったのに、不思議な共演がこの日実現しました。

2人共ドラマーでもあるので、「ベサメムーチョ」や「チュニジアの夜」などのラテンの曲では凄いリズムの応酬で、ノリノリの迫力ある演奏が展開されました。
すると突然、森氏が大阪弁丸出しのMCをした後、情熱的な唄を歌い上げます。
そのギャップがまた面白い!
確かに、ボーカルのテクニックも相当なもので、ファルセット(裏声)を見事に使い分けたり、濁ったボイスを混ぜたり、と表現力豊かな唄を披露してくれました。
森チャン.jpg

この日は、森氏の学生時代の同級生や先輩・後輩達がお客の大半を占めていて、完全に同窓会状態と化していました。
最後はジャズのセッションに参加して、旧交を温めました。

2人それぞれですが、どちらも今後の活躍を大いに期待しています。

森智彦HP http://www.moritomohiko.com/ 
仕方ひろむHP http://homepage2.nifty.com/hiromugan/

森チャンCD.jpg
森智彦 
待望のファーストベスト
『BEAT GOES ON』
19曲入り 2100円
絶賛発売中!!


注)ソニーペイン(Sonny Payne)・・・カウントベイシー・オーケストラの黄金時代(1960年前後)に大活躍した名物ドラマーで、そのフィルインでバンド全体を盛り上げた、私の最も好きなドラマー。
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
ジャズ関係の人気ブログが集結!