20170513DO.jpg

2011/5/28(土)ライブ

arakiです。

近々ライブを行います。
是非お越し下さい。

IMG_1072s.jpg

日時 2011/5/28(土)19:00〜21:00
場所 SEABIRD

渋谷区渋谷2-3-4青光ビルB1(地図は以下です。)




電話 03-3499-1890

チャージ:なし
ドリンク:¥500〜

吉川 和秀 tenor sax
朝田 照雄 piano
落合 史郎 bass
荒木 繁  drums

演奏予定曲
君が代
とおりゃんせ
其方/ソナタ(落合作曲)
WHEN YOU WISH UPON A STAR


よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

松木理三郎 熱帯ジャズ楽団に登場!!

matuki画像.jpg

なんとなんと!
いよいよ明後日、あの熱帯ジャズ楽団に松木さんが登場します!!

SDJOのOBで、プロとしてご活躍中のトランペット松木理三郎氏。
SDJOではかっこいいビッグバンドアレンジをたくさん書いていただいて、たいへんお世話になっています。

その松木さんが、このたび熱帯ジャズ楽団に参加することになりました。
すごいですねっ。
5月26日の夜はぜひスイートベイジルへつめかけましょう。


☆熱帯ジャズ楽団〜The Best Of Best Live〜☆

2011年5月25日(水)、26日(木)
18:00開場/19:30開演
チャージ 7350円
場所 スイートベイジル139
http://stb139.co.jp/index_f.html

Perc/カルロス菅野、Timb/美座良彦、Pf/森村献、Dr/平川象士、Bass/高橋ゲタ夫、Conga/伊波淑、Tp/佐々木史郎、鈴木正則、奥村晶、松島啓之(5/25)、松木理三郎(5/26)、Tb/中路英明、青木タイセイ、B.Tb/西田幹、A.Sax/近藤和彦、藤陵雅裕、T.Sax/アンディ・ウルフ、B.Sax/宮本大路

*松木さんが出演するのは26日のみです。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

サックスパートに注目【ア・カペラ】


とくに練習がきびしいと有名なサックスパートの演奏です。
How High The Moonithology という曲。
いかがでしょうか。

ちょうど1年前くらいに、サックスの川村裕司氏(わたしの師匠)に書いていただいたオリジナル曲です。川村先生が凝りまくった、ものすごいアレンジの曲です。
タイトルからもわかるように、有名なHow High The Moon と onithology とが合体した曲ですね。

ア・カペラなんですよ。
これは難しい。ホントに。
SDJOでは、トランペットもトロンボーンも、パートのアンサンブル曲を持っていますが、ア・カペラにチャレンジするのはサックスパートだけ。

これまでに2度ほど、本番で演奏しましたが・・・なかなか完成には程遠いと言った感じでした。
今回も、4月の合宿から本格的に創りこみを始め、かな〜りの練習を重ねました。
まだ、おしいところもありますが、だいぶん良い感じになってきましたよ。

鬼軍曹と言われ続けるsaoriちゃんも、そこそこ満足なのでは?
スコット・沙織&うっキー.jpg

スコット・サックス集合.jpg

さてさて、あとは、各自のソロも組み込めるようにならないと!
今回は、ソロはスコット氏に吹いていただいたので、わたしたちはソロ以外に集中しました。
これがまた、大きな課題ですね。
頑張るサックスのおはなしでした。

最近、サックス隊仲いいよ〜。

カバさん 
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

スコット・マーティンと共演ライブの模様

スコット・集合.jpg
ライブの余韻に浸っていたら・・・
あっという間に、ライブの模様をアップすることも出来ぬまま、半月が過ぎていました。

ということで、ライブの模様を少しづつ載せていきますね。

今回のゲストは、サックスのスコット・マーティン氏。
過去に私たちも共演したことのあるトロンボーンのアンディ・マーティンのお兄さんです。
楽器はアルト・テナー・フルートを持ってきそうな感じだったのですが、実際はフルートは持っていらっしゃいませんでしたね。

これリハーサルの時の写真。
スコット&アイポット.jpg
iPadですよ〜。今風だなぁ。。。
こういうの、最近ではだいぶん見かけるようになりましたね。
そのうち、み〜んなこんなふうになって、紙の譜面なんて持ち歩かなくて良くなるね。

4番テナーのわたし、いつもこんなふうにゲストの写真を撮ってしまいます。
一応、本番中には撮らないようにしていますが・・


スコット&みわこ.jpg
今回も、元メンバーのmiwakoさんと松木さんには、いっぱい盛り上げていただきました。
お二人とも、プロとしてご活躍中。
ご多忙の中、いつも友情出演してくれるんです。
ありがたいこと!!

しかも松木さんは、今回やんごとなき事情にて「気楽にソロで友情出演」から「フルバンに乗って2番ラッパを吹きつつ、ソロで友情出演」というのに変更となったのが2日前。
スコット・まつき.jpg

実は、2番ラッパはもともとエキストラを別の人にお願いしていたのです。
それが、ライブ2日前の最終練習の日に、身内のご不幸があり急きょ参加できないという事態になってしまったのです。
それで、「気楽にソロ」で入ってもらう予定だった松木さんに、まさかのエキストラ依頼。
快く引き受けてくださいました。
これまた、ありがたいことです。

miwakoさん作曲/松木理三郎さんアレンジの曲も4曲に増え、そのすべてを披露しました。
ほんとうにお世話になっています。

そんな松木さん。
なんと5月26日、熱帯ジャズ楽団に出演するそうです!!
あの熱帯ジャズ楽団ですよ。
場所はスイートベイジル。

↓詳しくはスイートベイジルのホームページでご確認ください。
http://stb139.co.jp/index_f.html


今回のライブ、これまでで最高の120名のお客さまに来ていただき、すごく盛り上がりました。
さて演奏はどうだったのか。
ということで、ひとつお聴きください。
スコット・マーティンをフィーチャーした「tristing」です。

1部の最後の曲だったので、けっこうガンガン吹いてますけどね。
いかがでしょうか。

今回は、サックスがアカペラのアンサンブル曲を頑張ったのが、結構見どころだったのですが、それは出し惜しみして、また次回。

実は、このライブ、ラストの曲で「the chicken」という曲をやったのですが、この曲をやるためだけに神戸から、只今お休み中のメンバ ベースのゴジラくんが駆けつけてくれました。
スコット・ゴジラ.jpg
ゴジラくん、こういう曲は超お得意。

この曲のタイトルの意味、ご存知の方も多いと思いますが・・・
地震や原発で、いろんなイベントが中止になったり、外国人の来日が中止になったり、そういうことを吹き飛ばす気持ちも含みつつ。。。


今日は、このくらいにして、今度は宴会の写真や番外写真を載せていこうと思います。
お楽しみに。

↓メンバーも騒然の…肩
スコット・さおり.jpg
セクシー担当デスネ。
最近はダイナマイト担当が減りました。。。

カバさん
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

ご来場ありがとうございました!!

スコットライブ.jpg
5月1日、スコット・マーティンを迎えてのライブを無事に終えることができました。
ご来場くださったみなさま、応援してくださったみなさま、そして何より原発問題を抱えるニッポンに来てくださったスコット・マーティン、本当にありがとうございました。

お客様は、なんとなんと120人を超える大盛況で、用意していたチケットは無くなるし、座席もきゅうきゅうで、ご迷惑もかけてしまいうれしい悲鳴でした。
これまでのライブでは、どうがんばってもなかなか100人に届かないくらいのかんじだったのですが、今回はそれを大きく上回りました。

今回はいつも利用している会場が押えられず、初めての会場となり、少し都心から外れているので、どうなることかと思いましたが結果オーライ。

震災による原発問題で、外国人が日本に来ることを懸念するようになり、当初来日予定だったゲストが来日を中止。
一時は、ゲストの来日自体も危ぶまれたのですが、かわりにスコット・マーティンの来日できるということが決まったのが1か月前でした。
日本も自粛モードになっていたころでしたので、いろいろと考えましたが、今は「やることに意義がある」「やらない理由がない」ということで、ここ東京のみなさんにも、不安を吹き飛ばして、元気になってもらおうと開催を決定したのでした。

しかも!
ライブ2日前に、バンドのメンバーがご身内のご不幸により、急きょ参加が不可能となりました。
もともと友情出演でソロ参加してもらう予定だったプロの松木さんにお願いして、フルバンに乗ってもらうこととなり事なきを得たのですが・・・

そんなこんなで、いろいろな困難を乗り越えてのライブ開催。
その日を迎えられたこと、さらにたくさんのお客さまに楽しんでいただけたこと、それはそれは感慨深いものがありました。
こうしている今も、涙が出そうです。

「やってよかった!!」つくづくそう思いました。

みんなキラキラしていたし、お客さまの笑顔もいっぱいでした。
演奏も最近の中では、とてもよかったと思います。
SDJOは、これからも、たくさんの笑顔のために、楽しく踏ん張っていこうと思います。
今を生きてるって感じだなぁ。。。


今日からは、仙台定禅寺のジャズストリートがエントリー受付を始めました。
私たちも、ここはなんとしても参加したい!!
次は、仙台のみなさんにも元気な笑顔をお届けしたいと思います。


これからも、応援お願いします。
また、ライブの模様は、写真などが手に入ったら掲載しますね。
お楽しみに!!

カバさん
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ

【速報】5月1日ライブが決定しました!

Brilliant future
SDJOライブ20110501_チラシs.jpeg

5月1日、海外ゲストを迎えてのライブを行います!!
毎年、この時期には、アメリカからのミュージシャンが来日して、日本のアマチュアと共演しながら全国をまわるツアーというのが企画されていて、私たちのバンドも参加するようになって7年めです。
今年は、震災の影響・・・というか原発への不安から、当初決まっていたミュージシャンが来日を中止し、開催が危ぶまれる中、サックスのスコット・マーティン氏の来日が急きょ決定しました。

被災地の方々だけでなく、今はここ東京に住んでいるわたしたちでさえも不安なことが多く、うつむき加減になっているような気がします。
そんなときだからこそ!音楽を楽しんでほしい!!
楽しんで元気になって、それでこそ他人をいたわる心の余裕ができるのではないかな、なんて思います。

今回のライブでは、みなさんの輝く笑顔がはじける明日を願って、こんなタイトルをつけました。

Brilliant future

今年も、サックスのmiwakoさん作曲/トランペットの松木理三郎アレンジのSDJOオリジナル曲や、サックスアンサンブルのアカペラ曲など、盛りだくさんで企画しています。
みなさんお誘い合わせの上、ぜひぜひお越しください。
楽しい時間をご一緒しましょう!


Sexy Dynamite Jazz Orchestra featuring Scott Martin
Brilliant future
日時 2011年5月1日(日)15:30開場/16:00開演
場所 SONANTA(03−6783−6601)
http://members.jcom.home.ne.jp/sonanta/
板橋区赤塚新町3−4−13[東武東上線下赤塚駅南口から5分・
東京メトロ有楽町線地下鉄赤塚駅2番出口から3分]
料金 前売3000円 当日3500円 学生2500円(1ドリンクつき)


Scott Martin 1s.jpg

Scott Martinは、14年以上にわたってPoncho Sanchez Latin Jazz Bandで活躍。その後、自身がリーダーをつとめる The Latin Soul Bandで華々しくデビューした。
Poncho Band在籍時は世界中を旅して、Ponchoとともに演奏、レコーディング、作曲、編曲に参加。グラミーの「最優秀ラテンジャズ演奏賞」を獲得したほか、3度のノミネートもされている。
Ray Charles、Billy Preston、Sam Mooreをはじめ多くのソウル界巨匠とレコーディング。Sex and the City などテレビドラマの音楽にも参加した。
The Scott Martin Latin Sould Bandは日本、カナダなど国際ツアーをするかたわら、ハワイ国際ジャズ祭、テメキュラ国際ジャズ祭、KSDSジャズライブ、ブレアジャズ祭、オクスナードジャズ祭、サンノゼジャズ祭など、多くのイベントで演奏。
Scott5枚目のアルバム「ONLY TRUST YOUR HEART」は、ブラジルの興奮と感受性に満ちたあざやかな色彩の世界へ連れて行ってくれる名盤。ブラジリアンサンバ、ボサノヴァなどの伝統を尊重しつつ、ジャズ的観点からまとめられた傑作です。
2005年にソロで来日したトロンボーン奏者のAndy Martinは実弟。

Scott Martinのホームページはこちら↓
http://www.scottmartinjazz.com/Scott_Martin/Welcome.html

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
ジャズ関係の人気ブログが集結!