案内.jpg

【連載コラム】ジャズ・トランペット上達への道? 〜満足できる演奏のために〜 その2:まず何をするか?(1回目)

【連載コラム】ジャズ・トランペット上達への道?〜満足できる演奏のために〜

その2:まず何をするか?(1回目)


さて、話をすることがいろいろあって、何からスタートすれば良いのかと考えましたが、まず全体のバランスを考えてみましょう。

「楽器演奏者は凄いバランス感覚の持ち主だ!」と最近つくづく思うようになりました。

音楽は、音程とリズムを同時にバランスさせて、しかも音量や音質を変えることで表現していく世界です。

「声」ならある程度はできる(もちろん楽器以上に難しい場合もありますが)ことでも、楽器という道具を使って表現するわけです。

その上、ジャズのアドリブは、ある法則に基づきながらも、瞬間的に思い浮かんだ音を自由に表現する、という「離れ業」をやっています。

更に、音で自分の感情を表現でき、聴く人に伝えた上で同調させること(悲しがらせたり、ウットリさせたり、ウキウキさせたり)も可能です。

もうここまでくれば、全く楽器経験もジャズの経験もない人にとっては「超能力」か「神業」に思えるかも知れません。

皆さんはこれらを満足できるレベルで実現させたいと思っているはずです。

上記の並びをセンテンスにしてみましょう。

1.音楽の構成を知ること(音程、リズム、音量、音質、和音といった要素)
2.楽器をコントロールできること(トランペットのテクニック)
3.ジャズを知っていること(曲、構成、プレイヤー、歴史といった知識)
4.アドリブができること(音楽やジャズの理論、フレーズ)
5.他の人に感情を伝えること(感受性、コミュニケーション能力)

さて、それぞれのセンテンスについて、目指すレベルと現状のレベルを比較してみて下さい。

080114.gif

では続きは次回。

コマサ
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
この記事へのコメント
ジャズについての解かり易い説明ありがとうございます。
参考になりました。
Posted by Leo at 2008年01月19日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ジャズの歴史・イントロ
Excerpt: ジャズの歴史について
Weblog: フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・
Tracked: 2008-01-19 18:10
ジャズ関係の人気ブログが集結!